良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界

良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界

良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界の画像

日本、韓国、中国、香港の東アジア4カ国で争われるE−1選手権(釜山)。その初戦で中国と対戦した日本は、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで後半25分までに2−0としたが、後半45分にゴールを奪われ、2−1のスコアで試合を終えた。


遠藤渓太、橋岡大樹、森島司が代表初出場となった日本の先発メンバー

 この試合を評価する時、まず触れておくべきは中国の実力だ。スポーツ大国・中国にとって、サッカーは最大の泣きどころだと言われる。実際、この試合の中で技術的に光るプレーを披露した選手はひとりもいなかった。タイ代表のチャナティップ(札幌)やティーラトン(横浜F・マリノス)のように、J1で通用しそうなテクニカルな選手は見つけることはできなかった。

 そのうえ今回の代表は経験の浅い選手ばかり。代表監督もこれが就任初戦だった。この日、ベンチを温めた田中駿汰(大阪体育大学)と小川航基(水戸ホーリーホック)、古賀太陽(柏レイソル)以外、すべてJ1の選手で固めた日本にとって、中国は文字通り格下に値した。

 ところが日本は、開始から20分ぐらいまでその中国に後手を踏む。日本の陣形が相手の陣形に噛み合っていなかったからだ。中国の攻撃を下がった位置で手をこまねき、傍観する恰好になった。それは日本が3バック(3−4−2−1)で臨んだことと密接な関係があった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)