良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界

その理由をこう続けた。「プレーがスムーズに行き出したところで新たな選手を入れることにためらいがあった」と。
 その結果だろう。日本が終盤、再び中国の攻勢を許すことになったのは。後半45分の失点には、そうした意味で必然を感じる。

 この試合はよくも悪くも、森保監督の真骨頂を見た試合だった。5バックになりやすい3バック(5バックになりにくい3バックも存在する)で守備的に臨み、かねてから唱える連係、連動するプレーで先制点を奪う。だが、そうは言ってもそのサッカーは引いて構えるサッカーなので、うっかりしていると能力の低い相手にも、受けて立つことになる。セットプレーで追加点を奪うことに成功しても、慎重になるあまり、交代が遅れ、それが災いし相手にゴールを許してしまう。

 どう見ても森保監督は守備的思考、かつ慎重な人だ。そうしたベースの中で、毎度唱える、連係、連動するプレー(佐々木→上田→森島→鈴木)が飛び出す。中国人記者の質問に対し「どっちが勝ってもおかしくない試合だった」と述べた森保監督だが、満足度は思いのほか、高いのではないだろうか。

 だが、あえて言わせてもらえば、先制点のような連係、連動は、相手が中国だからこそ実現したプレーだ。出るところに出れば、逆に危ないプレーになる。サイドアタッカーは両サイドに各1人しかいないので、連係、連動に絡みにくい。攻撃は中央に寄りがちだ。そこで技術的に高度な連係、連動を繰り出せば、リスクもその分、上昇する。逆襲をされやすくなる。

 実は、5バックになりやすい森保式3バックと、連係、連動との相性は決して良好とは言えないのだ。この試合を成功体験としてポジティブに捉えることに、懐疑的にならざるを得ないのである。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)