31歳で現役引退。ドラ1・大石達也はなぜプロで羽ばたけなかったのか

31歳で現役引退。ドラ1・大石達也はなぜプロで羽ばたけなかったのか

31歳で現役引退。ドラ1・大石達也はなぜプロで羽ばたけなかったのかの画像

西武・大石達也インタビュー@前編

 日本シリーズ終了から1カ月が経過した11月下旬――。

 ライオンズトレーニングセンターの室内練習場のブルペンで育成捕手の中熊大智は、次々と投げ込まれる荒れ球を捕るのに四苦八苦していた。ボールはホームベースの前でワンバウンドしたかと思えば、今度は高めのボールゾーンに吹き抜けていく。

 対して、マウンドのだいぶ前から投げ込む大石達也は、人懐っこい笑みを浮かべていた。わざと暴れ球を投げ続けたのは、それが求められた仕事だからだ。


31歳で現役生活にピリオドを打った大石達也

「ファーム育成グループスタッフという役職をいただけました。現時点の立場としては、育成の子が将来的に一軍で活躍できるようにサポートしたいと思っています」

 2019年シーズン終了とともに、大石はライオンズのユニフォームを脱いだ。2010年に6球団からドラフト1位指名を受けた大卒右腕は、9年間で132試合に登板して5勝6敗8セーブ、12ホールド、防御率3.64と期待に応えることはできなかった。

「プロに入る前にイメージしていた自分と、かけ離れていました」

 戦力外通告を受けた日、大石は報道陣にそう語っている。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)