朝日杯フューチュリティSは血統に注目。「今が旬」の良血馬が2頭いる

朝日杯フューチュリティSは血統に注目。「今が旬」の良血馬が2頭いる

朝日杯フューチュリティSは血統に注目。「今が旬」の良血馬が2頭いるの画像

12月15日、阪神競馬場で2歳馬によるGT朝日杯フューチュリティS(芝1600m)が行なわれる。このレースは、1949年の創設から2013年の65回まで中山競馬場で行なわれていたが、2014年から阪神競馬場に変更となり、今年で6回目を迎える。

 昨年の勝ち馬アドマイヤマーズはその後、GTNHKマイルC(東京/芝1600m)、先週のGT香港マイル(シャティン/芝1600m)を勝利。一昨年の勝ち馬ダノンプレミアムも、この秋のGT天皇賞・秋(東京/芝2000m)で2着、GIマイルチャンピオンシップ(京都/芝1600m)で2着とGIレースを沸かせた。今年も「次代のニュースター誕生なるか」に注目する人が多いだろう。

 ここ6年の朝日杯フューチュリティSの血統的傾向を見ると、強いのはやはりディープインパクト産駒。9頭が出走して3勝、2着1回、3着2回と、勝率33.3%、連対率44.4%という高い数字を誇っている。

 今年の出走馬はレッドベルジュール(牡2歳/栗東・藤原英昭厩舎)1頭のみ。6月23日の新馬戦(阪神/芝1800m)を勝利し、前走のGUデイリー杯2歳S(京都/芝1600m)はプラス28キロという大きな馬体増をものともせず、デビュー2連勝で重賞ウイナーとなっている。


前走のデイリー杯2歳Sを制したレッドベルジュール

 その前走はスタートで大きく出遅れて後方2番手からの追走となったが、直線で最内からスパッと伸び、あっという間に1馬身半差抜け出す快勝だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)