【木村和久連載】シブコ効果!?ゴルフファッション新時代の男性対処法

つまり、総合ブランド&セレクトショットが、ゴルフウエアに参戦しているのです。

 だから、スポーツブランド系以外のポロシャツが脚光を浴び、カラフル化に拍車がかかっているんですな。そうなると、ゴルフウエアを街で着こなす人が増えます。

 また、ワールドカップが日本で行なわれたばかりで、ラグビー熱もまだ続いていますよね。とすると、冬場はラガーシャツを着込んでラウンドする人も出てくるかもしれません。

 ゴルフウエアは、基本ポロシャツ着用ですが、そもそも『ラコステ』が開発したテニスウエアです。要は、テニス用のポロシャツを着てラウンドしても、何ら問題ないわけです。極論を言えば、襟がついていれば、ほぼオーケーです。

 というわけで、ゴルフブームが続けば、カジュアルファッション全体が活気づくのです。
 じゃあ、総合カジュアルメーカーで、オヤジたちがどこを選ぶかとなると、冬はダントツにこのメーカーになるんじゃないでしょうか。

(2)冬ゴルフは『ユニクロ』のひとり勝ち
 あくまでも個人的な印象ですが、冬は全般的に『ユニクロ』が強いとひしひしと感じています。何が強いかって、ヒートテックにはじまる、暖かい素材&ウエアの開発がものすごく進んでいることです。

 わずか5年前、真冬のゴルフとなると寒くて、ズボンの中に股引みたいなタイツを穿いていましたよね。

関連記事(外部サイト)