ドラ1・大石達也を苦しめた重圧。「全然プロのレベルではなかった」

ドラ1・大石達也を苦しめた重圧。「全然プロのレベルではなかった」

ドラ1・大石達也を苦しめた重圧。「全然プロのレベルではなかった」の画像

西武・大石達也インタビュー@後編

 2019年かぎりで9年間のプロ野球人生にピリオドを打った大石達也は、この秋、埼玉西武ライオンズの「ファーム育成グループスタッフ」として第二のキャリアを歩み始めた。

「チームがずっと強くあるためには、若い子がどんどん力をつけないといけないと思っています。来年から三軍ができて、ちょうど僕も引退して、そこに入ります。最初は失敗とかあるかもしれないけど、選手もスタッフも勉強しながら、将来的にはちゃんとした育成プログラムをしっかりできればいいと思います」

「西武・大石達也インタビュー@前編」はこちら>>>


大石達也に9年間のプロ生活を振り返ってもらった

 第二のキャリアを歩み始めたばかりの大石に、最も聞きたい質問があった。

 2010年ドラフトで6球団が1位指名した大石達也という大卒ルーキーを、現在の立場であるファーム育成グループスタッフとして預かったとしたら、どういう目標を設定させますか?

 現実的にはありえない問いに、大石は「うーん」と、しばし頭を悩ませた。

「身体づくりをしっかりさせますね、まず。やっぱり肩をケガしたのは、身体ができていなかったのもあると思うので。まずは、本当に基礎体力をつけさせますね」

 勝負の世界で、「たら・れば」は禁句とされる。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)