シュミット・ダニエルがベルギーで正GKを奪取「武器はビルドアップ」

シュミット・ダニエルがベルギーで正GKを奪取「武器はビルドアップ」

シュミット・ダニエルがベルギーで正GKを奪取「武器はビルドアップ」の画像

2018−2019シーズンに、シント・トロイデンで活躍した冨安健洋(ボローニャ)、鎌田大地(フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)が、次々と強豪リーグのチームに移籍。彼らに続けとばかりに、2019−2020シーズンも多くの日本人選手がベルギーに渡った。

 そのひとりであるシュミット・ダニエルは、ベガルタ仙台から移籍したシント・トロイデンで第2節からフル出場を続けるなど、チームの正GKとして君臨している。昨年8月から、継続して日本代表にも召集されている197cmの大型守護神が、サッカーにかける熱い思いを語った。

シント・トロイデンの正GKとなったシュミット・ダニエル ??STVV

――フル出場が続いていますが、昨年5月に負ったケガ(右太もも裏の肉離れ)の影響はないですか?

「もう大丈夫です。昨年だけでなく2017年もケガで離脱した時期があったんですが、その時に原点に立ち返り、自分の技術を見直すようになりました。おかげで自信を持って復帰することができたので、壁を乗り越えることができたと思っています」

――ベルギーリーグの特徴を教えてください。

「フィールド上のサイドにスペースがたくさんある印象があります。Jリーグのようにコンパクトな状態で試合が進むわけではなくて、試合序盤からオープン。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)