香港戦大勝に隠された森保Jの問題。なぜ攻撃は「右」に偏ったのか

香港戦大勝に隠された森保Jの問題。なぜ攻撃は「右」に偏ったのか

香港戦大勝に隠された森保Jの問題。なぜ攻撃は「右」に偏ったのかの画像

日本、韓国、中国、香港の東アジア4カ国で争われるE−1選手権。日本は第2戦で最弱国の香港と対戦した。勝利は戦う前から見えていた。5−0という結果は少し勝ちすぎに見えるが、実際に香港のプレーを見せられると納得したくなるというか、至極、順当なスコアに思える。逆に、日本の方に注文をつけたくなるほどだった。

 日本の先発メンバーは第1戦の中国戦と全員入れ替わっていた。一方、採用した布陣は中国戦と変わらず3−4−2−1だった。

 3バックに古賀太陽(柏レイソル)、田中駿汰(大阪体育大学)、渡辺剛(FC東京)、ウイングバック(WB)に菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)と相馬勇紀(鹿島アントラーズ)、守備的MFに田中碧と大島僚太(ともに川崎フロンターレ)、2シャドーに田川亨介(FC東京)と仲川輝人(横浜F・マリノス)、そしてトップに小川航基(水戸ホーリーホック)が配置された(いずれも左から)。


小川航基のハットトリックなどで、香港に5−0と大勝した日本代表

 試合が経過していく中で、最も気になったのは左右のバランスだ。具体的には、WBがプレーに関わる頻度に左右差があった。その機会が多かったのが相馬勇気(右)で、少なかったのが菅(左)だ。

 理由はいくつか考えられるが、ひとつは周囲との関係だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)