中野信治が語る日本人F1ドライバー育成。絶対に必要な資質とは?

中野信治が語る日本人F1ドライバー育成。絶対に必要な資質とは?

中野信治が語る日本人F1ドライバー育成。絶対に必要な資質とは?の画像

F1日本GPでは山本尚貴がトロロッソのマシンをテストドライブした

 今年のF1日本GPで2018年の国内トップカテゴリー、スーパーフォーミュラ(SF)とスーパーGTでダブルタイトルを獲得した山本尚貴がトロロッソ・ホンダのマシンをドライブした。

 31歳の山本が出走したのは金曜日のフリー走行1回目の90分間だけだったが、日本人ドライバーが公式セッションでF1マシンを走らせるのは2014年の小林可夢偉以来となった。それだけに、鈴鹿サーキットに詰めかけた日本のファンは山本の走行に熱い視線を送っていた。

 ファンの大声援を受けた山本は、フリー走行でチームメイトのダニール・クビアトに対してコンマ1秒遅れのベストタイムで走るという大健闘。国内では「早く日本人のF1ドライバーが誕生してほしい!」という声が高まっているが、ドライバー育成の現状はどうなっているのだろうか。

 2019年から鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)のバイスプレジデントとして佐藤琢磨とともにホンダの若手ドライバーの育成プロジェクトを率いる中野信治に話を聞いた。

「日本のトップドライバーである尚貴には、日本GPでいいところを見せてほしいと思っていました。尚貴が速いタイムで走ってくれれば、SFのレベルの高さが認められ、日本人ドライバーの評価も上がりますし、彼に続く若いドライバーたちにとってもいい刺激になります」

 その一方で、「世界で活躍できる若手ドライバーを育てる」という重要な役割を担っている中野の視線は未来に向かっている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)