有馬記念でサートゥルナーリアは巻き返す。「謎の弱点」克服で勝算あり

有馬記念でサートゥルナーリアは巻き返す。「謎の弱点」克服で勝算あり

有馬記念でサートゥルナーリアは巻き返す。「謎の弱点」克服で勝算ありの画像

不可解な敗戦だった。

 4角までいい手応えで先行しながら、直線で追い出されると、反応がさっぱり。後ろから追い込んでくる馬たちに、次々に抜かれる姿には目を覆いたくなった。

 GI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)におけるサートゥルナーリア(牡3歳)のことだ。

 単勝3.4倍の2番人気。3歳馬ながら、断然人気を誇るアーモンドアイ(牝4歳)の最大のライバルは、この馬と見ていた。

 しかし、結果は馬券圏外どころか、掲示板にも載らない6着に沈んだ。


天皇賞・秋では6着に終わったサートゥルナーリア

 暮れのグランプリ、GI有馬記念(12月22日/中山・芝2500m)でも、サートゥルナーリアは上位人気が予想されるが、その取り捨てはひとえに、この天皇賞・秋の敗戦をどう評価するかにかかっているだろう。

 競馬サイトなど、ネットの掲示板などで多数の意見を占めるのは、サートゥルナーリアは「左回りがダメ」とするものだ。

 確かに、過去7戦5勝のサートゥルナーリアが負けた2回は、GI日本ダービー(4着。5月26日/東京・芝2400m)と、先の天皇賞・秋と、いずれも舞台は左回りの東京競馬場だった。

 右回りでは、GI2勝。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)