【木村和久連載】プロツアーを含めたゴルフ業界が儲かる方法はあるか

あとはコンサートなどのイベントにも使ってもらい、スケジュールが空いている時に、一般に開放すれば問題ないでしょう。

 こういうコースを造るか、立地のいいどこかのコースを改造すれば、そのコースの認知度が上がり、プロトーナメントの動員数もアップするんじゃないですか。


ゴルフで格闘することはありませんが、これくらいの臨場感があったら面白いでしょうね



(3)熱心に試合を見ない人を呼ぶ
 ベイスターズのホームとなる横浜スタジアム、通称「ハマスタ」が集客に成功したのは、ある意味、熱心に試合を見ない人を呼んだから。家族連れや女子会仲間がBOXシートでワイワイやるのは、賑やかで楽しそうです。

 ゴルフにおいても、何回かVIP席で観戦したことがありますが、多くの方々は、さほど試合を見ていません。みんな、「どうもどうも」「ようこそ、いらっしゃいました」と社交をやっているケースが多いです。

 かつて、F1のモナコグランプリを、モナコのマンションで見るパーティーの模様がテレビで映っていましたけど、誰も目の前の公道レースを見ていませんでした。むしろ、窓を開けて「うるさいわね」くらいの勢いでしたから。実際、F1はスピードが速くて、ヘアピンカーブじゃないと、肉眼で視認できませんし。

関連記事(外部サイト)