トロロッソがホンダと築いた最良の関係。過去最高2度の表彰台に上った

トロロッソがホンダと築いた最良の関係。過去最高2度の表彰台に上った

トロロッソがホンダと築いた最良の関係。過去最高2度の表彰台に上ったの画像

247戦を戦って、表彰台は雨の2008年モンツァの優勝一度だけ。コンストラクターズランキング自己最高はその2008年の6位で、それ以外は7位から9位を行ったり来たり……。

 それが、スクーデリア・トロロッソだった。


ブラジルGPで2位表彰台を獲得したトロロッソのピエール・ガスリー

 しかし、2019年のトロロッソは違った。昨年始まったホンダとのタッグを土台に、チームの組織改革を進めてきたからだ。

 まず、昨年型レッドブルRB14のギアボックスやサスペンションなど、独自制作を義務づけられた”リステッドパーツ”以外はできるだけ多くをレッドブルから供給してもらった。結果、自分たちの限られた人的・金銭的リソースを空力開発に集中させることができた。

 これによってマシン開発が順調に進むようになると、例年であればシーズンが進むにつれて開発が鈍って速さを失っていくトロロッソが、今季はシーズン後半戦になっても中団グループ最上位を争う位置につけ続けることができた。

 加えて、1年間の実戦実績があるレッドブルRB14のパーツを使うことで、メカニカル面の性能だけでなく、マシンパッケージ全体の信頼性向上につながったことも大きかった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)