ヤクルトの高卒3人が謙虚に企む来季野望。弱体投手陣の救世主となるか

真っすぐも変化球もストライクが入らず、走者をためたところでボールが甘くなって打たれる。負けパターンがほぼ一緒だったので、そこは全然ダメやったなと思っています」

 シーズン序盤、こうした展開は5イニング目によく訪れた。それまで目の覚めるようなピッチングをしているのだが、ひとつの出塁をきっかけにガラリと変わってしまう。

「一軍で勝つのは難しいというか、5回というのは勝ちの権利がつくイニングで、どうしても意識してしまって……」

 反省の言葉が続くが、ひとつひとつのボールはすばらしく、夢と希望がたっぷり詰まっていた。遠投する高橋を見て、高津臣吾監督も「なんでそのボールで4勝しかできないんだ?」と首をかしげるほどだった。

「今年に関しては、腕を思いきり振ることだけを考えていたこともありますが、正直、バッターと勝負できていないと感じていました。一軍でいろいろな投手を見ていくなかで、すべて全力で投げるのではなく、ボールのキレであったり、場面にとってはリラックスしてカウントを取ったり……それをできるのが勝てる投手なんだと。そういう意味で、今年は一軍でずっと投げられたことはいい経験になりました」

 来年、高橋はどんなことを目指して投げるのだろうか。

関連記事(外部サイト)