ヤクルトの高卒3人が謙虚に企む来季野望。弱体投手陣の救世主となるか



「口で言うのは簡単なんですけど……1年間ローテーションを守って、悪い日もあると思いますが、どの試合でもきちんと投げきりたい。今年のように、先発が足りなかったから投げさせてもらうのではなく、最初から一軍の戦力と期待されて投げる。それが目標です。来年は同世代の投手が大学を出て、プロに入ってきます。プロでの年数は僕のほうが上ですが、まだゲームで投げているだけという感じなので、同世代の投手には負けたくないですね」
 この3人については、高津監督を筆頭に大きな期待が寄せられている。高橋は「僕らだけじゃないと思いますが」と前置きしたうえでこう話す。

「僕もそうですけど、若い選手が一軍を経験できたことで、自分に何が足りないのかがわかったと思うんです。その課題をもとに個々の能力を上げて、僕ら若いもんがが活躍して、石川さんや小川(泰弘)さんたちがビビるような存在になりたい。そうなればチームは強くなっていくでしょうし、自分の能力も上がってくると思うんです。しっかり一軍の戦力として投げられるように、オフもしっかりやっていきたいです」

 今シーズン、ヤクルトのチーム防御率4.78は断トツの12球団最下位である。だが、彼らのキラキラした目を見ていると、来年こそは投手陣の中心メンバーとしてやってくれるのではないかと期待してしまう。それが実現すれば、間違いなく”投手王国”を築けるはずだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7

関連記事(外部サイト)