日韓戦で3バックのメリット見えず。選手は四苦八苦、戸惑っていた

日韓戦で3バックのメリット見えず。選手は四苦八苦、戸惑っていた

日韓戦で3バックのメリット見えず。選手は四苦八苦、戸惑っていたの画像

いろいろと考えさせられる、久しぶりの日韓戦だった。

 韓国・釜山で開催されたE-1選手権は、ともに2戦全勝の日本と韓国が最終日に対戦。得失点差で上回る日本は、引き分けでも優勝が決まる有利な状況だったが、韓国に0−1で敗れた。

 ひと言で言ってしまえば、韓国は勝負強かった、ということになるのだろう。しかし、だとしても、結果を求め、愚直にぶつかってくる相手に対し、日本がさしたる抵抗を見せられなかったのは残念だった。

 気になった点はいくつかある。

 まずは、韓国の単純な攻撃の前に、特に前半、日本は押し込まれる展開が続いたことだ。

 CBが大きく蹴ったボールを前線の選手がヘディングで競り合い、セカンドボールを拾ってパスをつなぐ。あるいは、ドリブルで仕掛ける。それだけの攻撃に、日本はいともあっさり後退を余儀なくされた。ボランチのMF田中碧(川崎フロンターレ)が振り返る。

「韓国はビルドアップがうまくなかった。難しいことはやっていないのに、(ボールを奪い合う)バトルで優位性を保てなかった」

 相手にうまくボールを動かされ、数的不利な状況を作られたならともかく、日本が数的有利で対応できる状況でさえ、ボールを奪い切れないシーンはあまりに多かった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)