フェルナンド・トーレスには「絶対に忘れない」Jリーグの試合がある

フェルナンド・トーレスには「絶対に忘れない」Jリーグの試合がある

フェルナンド・トーレスには「絶対に忘れない」Jリーグの試合があるの画像

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

元サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス(3)

今年27年目のシーズンを終えたJリーグ。現在は、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

「残念ながら、最初の(2018年)シーズンは残留だけが目標だった。僕が入団した頃、サガン鳥栖は順位表の下のほうにいた。ただ難しい状況ではあったけれど、選手やクラブの人々、そしてファンはあきらめずに戦い、見事に残留にこぎつけたんだ」


Jリーグでのプレーについて語った、フェルナンド・トーレス

 フェルナンド・トーレスは昨シーズンを振り返って、そう話した。彼の言葉どおり、鳥栖に加入した頃、チームは降格圏に沈んでいた。トーレスがピッチに立ち始めてから初白星まで4試合を要し、彼自身のゴールは8試合目のガンバ大阪戦だった。

 3−0の快勝を収めたこの第24節では、1ゴール、2アシストと全得点に絡む活躍を披露。しかし本人の記憶にもっとも残っているのは、別の試合と得点だという。

「(第33節の)横浜F・マリノス戦のことは絶対に忘れないよ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)