海外識者4人が村田諒太の有利を予想も、気になる「番狂わせ」の可能性

海外識者4人が村田諒太の有利を予想も、気になる「番狂わせ」の可能性

海外識者4人が村田諒太の有利を予想も、気になる「番狂わせ」の可能性の画像

村田諒太(帝拳ジム)にとって”重要な通過点”と言えるゴングが間近に迫っている。12月23日、横浜アリーナで行なわれるWBA世界ミドル級タイトル戦で、同級正規王者の村田はスティーブン・バトラー(カナダ)と対戦する。


防衛戦に向けて調整を行なう村田

 一度は苦杯を舐めたロブ・ブラント(アメリカ)との7月12日のリマッチで、完璧な形で雪辱を果たした村田。初防衛戦の相手となるバトラーは、世界的には無名だが、勝てばさらなるビッグファイト実現に向けて視界が開ける、重要な一戦であることは間違いない。

 一般的な予想どおり、村田が順調に階段を上がるのか。それともバトラーに番狂わせのチャンスはあるのか。アメリカ、カナダに本拠を置く4人の記者に、今戦に関する3つの質問とその後の村田の展開についての問いをぶつけてみた。ウェブ討論に参加してくれたパネリストの言葉から、この試合の意味と村田の現在地が見えてくる。

【パネリスト】

●ディラン・ヘルナンデス(『ロサンゼルス・タイムズ』のコラムニスト。語学に堪能で、英語、スペイン語、日本語を流暢に話す)

●ライアン・サンガリア(『リングマガジン』のライター。フィリピン系アメリカ人で、アジアのボクシングに精通する)

●フィリップ・セント・マーティン(『BoxRec』のカナダ担当。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)