ケイン・コスギも苦しんだ。悪天候の「SASUKE」の恐ろしさ

ここで落下する選手は、シューズの選択をミスしている場合が非常に多いです。

 事前に新品の滑りづらいシューズを購入し、室内で履きならしたり、壁に張りついてみたりして「自分が本当に信用できるシューズ」を用意しておきます。ここは絶対にケチったり、面倒くさがったりしてはいけません。僕は必ず、お金も時間もかけて入念に事前準備します。SASUKEという大事な夢舞台での不安を、たった少しの準備で減らすことができるのだから、やらない理由がありません。

 それでも運悪くセットに水がついていて、滑って落ちてしまうこともあります。

 理不尽に思う選手や視聴者の方もいるかもしれません。しかし、”ミスターSASUKE”こと山田勝己さんの言葉を借りるなら、

「それもSASUKEや」

 ということになります。


史上最も有名なSASUKEプレーヤー、「ミスターSASUKE」こと山田勝己さん。現在は引退し、「山田軍団黒虎」を立ち上げ後進の指導にあたる


「不運」はもうどうしようもありませんが、「準備」によって滑る可能性を少なくすることはできる──そこでSASUKEプレーヤーたちが日々研究しているのが「足元」、先述の「何を履いてSASUKEに出るか」という部分です。

関連記事(外部サイト)