渋野日向子ら躍進の「黄金世代」7名が振り返る2019年と来季の野望

でも、優勝って”タイミング”だと思うし、早いとか遅いとか言われても気にせず、自分のペースでがんばりたいなと思います。

 オフは、タイの合宿に行きます。今回で4回目。タイ料理は、激辛じゃなければイケます。好きなのは、パッタイ(台風焼きそば)です。




大里桃子(21歳)
おおさと・ももこ/1998年8月10日生まれ。熊本県出身。
2019年シーズン賞金ランキング38位(獲得賞金:3074万4342円)。
出場38試合。優勝0回。トップ10入り2回。

 今年は、あまりいいシーズンではなかったので、自分としては「長かったなぁ〜」と思ったシーズンでしたね。

 春先は開幕2戦目からずっと予選落ちが続いたんですが、これはパッティングの調子が悪かったからでした。ショットは調子がよかったので、「何とかしたい」と思い、パッティングのグリップをクロウグリップに変えて、シーズン中には(調子の悪さを)克服できました。

 今季は優勝ができなかったので、来季はパッティングだけでなく、ゴルフの全体的なレベルアップを図ることが大事かなと思います。あと、今年はシーズンの前半戦で出遅れたので、来季は前半からきちんと成績を残せていけるようにしたい。

関連記事(外部サイト)