渋野日向子ら躍進の「黄金世代」7名が振り返る2019年と来季の野望



 そのために、このオフは初めてタイで合宿をする予定でいます。その後、地元・熊本でしっかりラウンドをこなして、開幕戦に備えたいと思います。

 来季の目標は、とりあえずは2勝目を早く挙げること。そして、3勝、4勝へとつなげていければな、と思います。


 

小祝さくら(21歳)
こいわい・さくら/1998年4月15日生まれ。北海道出身。
2019年シーズン賞金ランキング8位(獲得賞金:8298万2071円)。
出場39試合。優勝1回。トップ10入り13回。

 今季の目標は、昨季の賞金ランキング(8位)を越えることだったんですけど、シーズン途中で、「ちょっと難しいかな……」と思ったんです。でも、終盤の試合で(上位に入って)追い上げられて、そこは自分の中でもびっくりでしたね。結局、昨季と同じ8位だったんですけど、ポジション的には悪くないと思っています。「もうちょっとがんばりたかったな」という気持ちもあるにはあるんですが……。

(サマンサタバサ ガールズコレクション・レディースでの)初優勝はうれしかったんですけど、あまり実感がなくて……。自分の中では、いまだに「私、まだ優勝していません」みたいな気分なんです。

関連記事(外部サイト)