14年前のセクシーフットボール。野洲高校が日本一になるまでの長い物語

14年前のセクシーフットボール。野洲高校が日本一になるまでの長い物語

14年前のセクシーフットボール。野洲高校が日本一になるまでの長い物語の画像

2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
金本竜市(1)

年末年始に行なわれる恒例の全国高校サッカー選手権大会。今から14年前、普段は名のある強豪が上り詰める『優勝』の座に、突如無名の高校が輝き、ファンの熱狂を呼んだ。卓越したボールテクニックとコンビネーションで、「セクシーフットボール」と言われた滋賀県の野洲高校だ。当時のメンバーに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 野洲高校の伝説のキャプテン、”ニッチョ”こと金本竜市は、ことあるごとに14年前の試合を見返しているという。


第84回全国高校サッカー選手権大会で、初優勝を遂げた野洲高校

「家でほとんどテレビを観ないのですが、選手権の試合のDVDは全部持っていて、よく見返しますね。自分にとってのモチベーションビデオというか、観ていると頑張ろうと思えてくるんです。たまに見ながら泣いたりしてますから(笑)」

 第84回(2005年度)全国高校サッカー選手権大会。出場2回目のダークホース、滋賀県立野洲高校は、修徳、四日市中央工業、高松商業、大阪朝鮮、多々良学園、鹿児島実業といった名門を、攻撃的なサッカーで次々に撃破。高校生レベルを超越したテクニックとコンビネーションを織り交ぜた華麗なスタイルは”セクシーフットボール”と呼ばれた。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)