甲子園で応援団長→大正大の快挙に貢献。大場駿太が才能開花で描く夢

甲子園で応援団長→大正大の快挙に貢献。大場駿太が才能開花で描く夢

甲子園で応援団長→大正大の快挙に貢献。大場駿太が才能開花で描く夢の画像

長く閉ざされた重い扉がついに開いた——。11月13日まで神宮球場で行なわれていた東都大学野球秋季リーグの2部・3部入れ替え戦で、3部優勝の大正大が2部最下位の東京農業大を破り、2007年春以来となる2部復帰を決めた。

 じつは、12年前に大正大が3部に降格して以降、今年の春まで24回の入れ替え戦はすべて2部の大学が残留を決めるなど、2部と3部の間には埋めきれない実力差があった。2部とはいえ、1部との入れ替え戦は熾烈をきわめ、甲子園球児ら全国の腕自慢が集まる。かつては黒田博樹(専修大→広島など)や阿部慎之助(中央大→巨人)らもプレーしたほどだ。

 それだけ3部から2部に昇格するというのは困難なことである。そんな下剋上の立役者となったのが、遅咲きの4年生右腕・大場駿太だった。


大正大の2部昇格の立役者となった大場駿太

「あんなに手ごわかった順大が完膚なきまでに……甲子園を目指すのとはまた違う難しさ、大変さを感じました」

“2部昇格”を目標に意気込んでいた当時1年生の大場は、春の2部・3部の入れ替え戦を見て、先輩たちが苦しめられて勝てなかった順天堂大が、椎野新(現ソフトバンク)らを擁する国士館大に1対7、2対13と大敗する姿に衝撃を受けた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)