井端弘和の厳選2019年5大ニュース。坂本、MLB戦術などを挙げる

井端弘和の厳選2019年5大ニュース。坂本、MLB戦術などを挙げる

井端弘和の厳選2019年5大ニュース。坂本、MLB戦術などを挙げるの画像

井端弘和「イバらの道の野球論」(12)前回の記事はこちら

 来春のキャンプインが迫るプロ野球。今シーズン歓喜に沸いた球団も、悔しい結果に終わった球団も、2020年シーズンで頂点を目指してチームをビルドアップさせていく。また、メジャー移籍を決める選手も続々と出てきそうだ。

 球春到来を前に、井端弘和氏に2019年の「プロ野球5大ニュース」を挙げてもらった。今年デビューを果たした自身の解説業も振り返ってもらいつつ、来シーズンの展望を聞いた。


レイズへの入団会見を終えた筒香と、会場を訪れた元西武のデストラーデ氏

【@ 巨人・坂本勇人のホームラン40本超え】

──坂本選手の名前を挙げた理由を聞かせてください。

「2018年シーズンのホームラン18本から、倍以上の40本を打ったわけですからね。打率も、終盤にかけて少し下がりはしたものの、3割1分2厘なら十分です。『内野で一番過酷』とされているショートでそれを達成したことは、驚異と言っていいでしょうね」

──ホームラン数が伸びた要因はどこにあるのでしょうか。

「まずは打順ですね。主に2番を打ち、その後ろの打順に丸(佳浩)が入ったことが大きいです。相手ピッチャーが、実績がある丸の前に『ランナーを出したくない』と意識して、よりストライクゾーンに近いところで勝負せざるを得なくなった。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)