今年の高校サッカー選手権は名門校復権が濃厚。優勝争い筆頭は?

今年の高校サッカー選手権は名門校復権が濃厚。優勝争い筆頭は?

今年の高校サッカー選手権は名門校復権が濃厚。優勝争い筆頭は?の画像

今年で98回目を迎える全国高校サッカー選手権。令和最初の勝負が12月30日に幕を開ける。いくつかの元号を通して行なわれ、さまざまな高校が歴史を紡いだ冬の檜舞台。過去の大会を振り返ると、いくつかのチームが一時代を築いてきた。


今年度高校サッカー選手権、優勝候補筆頭の青森山田。武田英寿に注目が集まる

 戦後以降、昭和中期に大会を席巻したのは埼玉県勢だ。1959、60年度に大会を連覇した浦和市立や75、76年度連覇の浦和南が、この全国の舞台で結果を残した。昭和の終期に入ると、古沼貞雄監督の下で6度の選手権制覇を果たした東京都の帝京や、大滝雅良監督が率いて3度の戴冠に輝いた清水市商(現・清水桜が丘)や清水東、東海大一(現・東海大付属静岡翔洋)などの静岡県勢が台頭。

 そして、忘れてならないのが長崎県の国見だ。小嶺忠敏監督の指導で力をつけると、昭和ラストイヤーの87年度に初制覇し、平成で黄金時代を迎えた。新たな元号を迎えると、国見とともに高校サッカー界を牽引したのが千葉県の市立船橋だ。布啓一郎監督の下で94年度に選手権を初めて制すると、平成では2度の監督交代を経験しながら5回も頂点に立った。

 98年度に3冠を達成した福岡県の東福岡や、この選手権で2度凱歌をあげた鹿児島県の鹿児島実なども全国舞台で結果を残しており、平成初期から中期を彩った強豪校を挙げれば、枚挙にいとまがない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)