2020年、福田正博が森保ジャパンの中盤と前線で期待する選手は?

2020年、福田正博が森保ジャパンの中盤と前線で期待する選手は?

2020年、福田正博が森保ジャパンの中盤と前線で期待する選手は?の画像

福田正博 フットボール原論
■2019年の日本代表は1月のアジアカップに始まり、6月は20年ぶりに南米選手権に挑み、9月からのW杯アジア2次予選、12月にはE-1選手権を戦った。国際親善試合6試合を含めて23試合を戦い、戦績は15勝3分け5敗。この1年の森保ジャパンを元日本代表の福田正博氏が振り返り期待の選手の名前を挙げた。


E-1で日本代表に招集された大島僚太

 2019年の日本代表は、アジアカップでは決勝でカタールに敗れて準優勝。E-1でも最終戦で韓国に敗れて3大会ぶりの優勝を逃した。

 タイトル獲得にだけ目を向ければ、勝負弱さが出てしまった印象もある。E-1などでの選手起用からは、タイトル獲得への気迫が伝わってこない部分があったのも事実だ。ただし、森保一監督にとって、本番は2022年W杯という思いが最も強いはずだ。そのため、その過程にある大会結果を軽視しているわけではないが、目先のタイトルをガムシャラに追いかけるよりも、3年後に本願成就するために各大会でクリアすべき課題に重きをおいているのだろう。

 サッカーでは、監督の仕事は試合前までに8割が終わると言われている。選手をピックアップし、対戦相手を分析して、戦術を浸透させて連係を高めていく。そしてスタメンを決めて選手をピッチに送り出したあとにできることは、3枚の交代カードを使うことやフォーメーション変更の指示を出すことになる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)