明大サッカー部栗田監督は三足のわらじ「アホみたいな生活です(苦笑)」

そのほかにも高原直泰や内田篤人など、清水東高の出身者を挙げていたらきりがないくらいの伝統校だ(敬称略)。

 環境が人を育てると言われるが、サッカー王国の静岡育ちだけに、サッカーに関する幅広い知識と経験を兼ね備える栗田監督は、人一倍こだわりも強い。

「僕のなかでは独自性というのがすごく重要で、マニュアルどおりでは面白くないなと思っています。自分なりに積み上げてきた持論から入って、試行錯誤して、自分のアイデアとマニュアルをすり合わせていく。そんなアプローチの仕方がいいんじゃないかと。サッカーはどんどん進化しているので、常にチャレンジしていかなければいけないと考えています」
 2005年に自らの手でクラブチームを立ち上げるなど、そのバイタリティーはとどまるところを知らない。

「サッカーに限ったことではないのですが、もともと型にはめられるのは好きじゃなくて、自分から何かに挑戦したい、新たな道を切り開きたいという思いが強かったですね。クラブチームを立ち上げた時はたしかに大変でしたけど、やりがいはすごくありました」

 栗田監督が創設に奔走し、今も代表を務めるクラブチームとは、神奈川県横浜市を拠点とするパルピターレサッカースクールだ。小学生を対象にしたジュニアと中学生を対象にしたジュニアユースのカテゴリーを有し、幅広く活動している。

関連記事(外部サイト)