横山ルリカが2019年の競馬を総括。漢字ひと文字「外」で表現した

横山ルリカが2019年の競馬を総括。漢字ひと文字「外」で表現した

横山ルリカが2019年の競馬を総括。漢字ひと文字「外」で表現したの画像

競馬歴は6年目の横山ルリカさんにとって、12月22日の有馬記念は、アーモンドアイと最後まで本命を迷ったリスグラシューが会心の勝利を収め、感動のフィナーレとなった様子。今回は、そのほかの2019年の競馬シーンを振り返りつつ、「ルリカ的競馬ニュース」について聞いた。

2019年の競馬について振り返った横山ルリカさん

 今年の競馬を漢字ひと文字で表現するなら、「外」だと思います。

 まずは、日本馬が海外のGIレースで8勝しました! これは、すごいことですよね。アーモンドアイが3月のドバイターフ(UAE)を制したことを皮切りに、4月にはウインブライトがクイーンエリザベス2世C(香港)を、8月には海外を転戦していたディアドラがナッソーS(イギリス)を勝ちました。

 10月は、メールドグラースとリスグラシューが2週続けてオーストラリアのGIを勝ちましたし、12月の香港国際競走では、香港マイルをアドマイヤマーズ、香港カップをウインブライト、香港ヴァーズをグローリーヴェイズと、4つのレースのうち3つを日本馬が勝ちました。ほかにも、日本に適鞍がなかった馬が、イギリスやアメリカなど、活発に海「外」に出ていく年だったと思います。

 そうなると、凱旋門賞だけどうしても勝てないのが際立ってきますよね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)