村上、清宮、安田は本物のスラッガーか。門田博光がこだわりの大診断

村上、清宮、安田は本物のスラッガーか。門田博光がこだわりの大診断

村上、清宮、安田は本物のスラッガーか。門田博光がこだわりの大診断の画像

村上宗隆(ヤクルト)、清宮幸太郎(日本ハム)、安田尚憲(ロッテ)の3人に共通するのは、今年3年目を迎える高卒のスラッガーであるということだ。

 村上は188センチ、97キロの堂々とした体躯から、ホームランを量産。昨シーズン、36本塁打を放ち、セ・リーグの新人王にも輝いた。今季は中軸としてさらなる飛躍が期待される。

 清宮は、早稲田実業時代に通算111本塁打を放った、世代を代表するスラッガー。しかし入団してから2年間は、いずれも7本塁打と本来の長打力は鳴りを潜めている。ケガも癒え、3年目の今季に勝負をかける。

 安田は2年前のシーズンに一軍出場(17試合)を果たしたが、昨季の出場数はゼロ。それでも昨季は、イースタンリーグで本塁打王、打点王の二冠に輝き、12月にはプエルトリコのウインターリーグにも参加するなど、今シーズンの台頭を予感させる。

 いずれも近い将来、日本のプロ野球界を背負っていく若き長距離砲たち。そんな彼らのバッティングを、NPB歴代3位の通算567本塁打を放った”伝説のスラッガー”門田博光氏に見てもらった。


昨年36本塁打を放ち、セ・リーグの新人王に輝いたヤクルト・村上宗隆

村上宗隆(ヤクルト)

 2月生まれなので現在19歳ですか……可能性にあふれていますよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)