「大魔王」伊藤美誠のプレーは予測不能。中国も恐れる独創的な進化

「大魔王」伊藤美誠のプレーは予測不能。中国も恐れる独創的な進化

「大魔王」伊藤美誠のプレーは予測不能。中国も恐れる独創的な進化の画像

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン
卓球 伊藤美誠 編
 東京五輪の女子シングルス代表を確定させている伊藤美誠は、”卓球王国”中国からも恐れられ、「大魔王」と呼ばれるようになった。昨年12月時点での世界ランキングは自身最高の4位で、トップ3を独占する中国勢を捉えようとしている。


中国のトップ選手相手に勝利が増えてきた伊藤

 2018年シーズンから、日本人選手の中では「頭ひとつ抜きん出た存在」であったことは間違いない。しかし、2019年に入っても進化は止まらなかった。1月の全日本選手権では、シングルス、ダブルス、混合ダブルスでいずれも優勝し、2年連続での3冠を達成。日本卓球女子初の快挙を成し遂げ、さらに強さが増した印象を残した。

 国際大会では、5月の中国OP準々決勝で、当時の世界ランキング1位の丁寧(テイネイ/中国)を相手に大金星を挙げて3位。続く香港OP(6月)で準優勝、オーストラリアOP(7月)、ブリガリアOP(8月)では両大会とも3位と、安定した成績を残し続けた。

 さらに、10月開催のスウェーデンOPとドイツOPではいずれも準優勝。スウェーデンOPでは、決勝で現在の世界ランク1位・陳夢(チェンムン/中国)にフルゲームで競り負けたものの、準々決勝で中国の次期エース候補である同6位の王曼c(ワンマンユ)、準決勝でも同2位の孫穎莎(スンインシャ/中国)を破った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)