サッカー王国復権へ。静岡学園は勇敢な「伝統のスタイル」を貫く

サッカー王国復権へ。静岡学園は勇敢な「伝統のスタイル」を貫く

サッカー王国復権へ。静岡学園は勇敢な「伝統のスタイル」を貫くの画像

正真正銘のラストプレーだった。

 スコアが動かないまま迎えた90+4分、静岡学園(静岡県)の10番、松村優太が自ら得たPKを「自分の信じた方向に」蹴り込むと、緑のユニフォームがついに歓喜の瞬間を迎える。直後にタイムアップの笛が鳴り、堅牢を築いた赤のユニフォームはがっくりと肩を落とし、涙にくれた。


松村優太のPKゴールで決勝進出を決めた静岡学園

 究極の”矛盾対決”だった。矢板中央(栃木県)とすれば、いかに守り続けるか。静岡学園にとってはいかにそれをこじ開けるのか——。90分にわたって、その構図が崩れることはなかった。

 プランどおりに試合を進めていたのは、矢板中央のほうだっただろう。人数をかけて自陣を固め、一発のフィードで相手の隙を狙う。時に11人がエリア内に戻り、静岡学園の猛攻をしのぎ続けた。

 一方の静岡学園も、自らの戦い方を徹底した。

 個人の技術を重視した伝統の”静学スタイル”で、幾重にも張られた矢板中央の守備網をこじ開けようと試みる。何度も仕掛けては跳ね返され、シュートを放ってもGKに届く前にDFにブロックされてしまう。押し込んでいるようで、崩しきるには至らない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)