東北の快速右腕は、先輩の巨人・高橋優貴越えもあくなき探究心を持つ

東北の快速右腕は、先輩の巨人・高橋優貴越えもあくなき探究心を持つ

東北の快速右腕は、先輩の巨人・高橋優貴越えもあくなき探究心を持つの画像

八戸の冬はわりと穏やかだ。本州最北端の地・青森県下北郡大間町から車で2時間ちょっとの距離にありながら、晴天の日が多く、降雪量も少ない。とはいえ、夜になるとさすがに気温も下がり、北風が肌を突き刺すように吹きつける。

 そんな厳しい寒さのなか、八戸学院大のブルペンではひとりの投手が黙々と練習を続けていた。

「気温が0度以下の時でも、アイツは平気でボールを投げています。窓ガラスが割れて、冷たい風がピューピュー入ってくるようなところでも、自分が投げると決めたら200球でも250球でも平気で投げる。そんな男です」

 八戸学院大の正村公弘監督がそう話す男が、3年の大道温貴(はるき)である。昨年秋は大学ジャパン選考合宿にも召集された本格派右腕だ。


今年秋のドラフト候補・八戸学院大の大道温貴

 話は3年前の2017年2月までさかのぼる。新1年生が続々と入寮を果たすこの時期、大道はある目的のために学生寮の入口にある硬式野球部の事務室前にいた。正村監督が振り返る。

「入寮してすぐのことです。春のキャンプに行くまでの約1カ月間、大道は毎日ここに来て、シャドーピッチングをしていました。『オレを見てくれ』と言わんばかりに、毎日やって来て、『監督ちょっといいですか?』って」

 入学式もまだ終えていない入寮直後の新1年生である。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)