侍ジャパン井端コーチが説く。東京五輪金メダルのためにやるべきこと

侍ジャパン井端コーチが説く。東京五輪金メダルのためにやるべきこと

侍ジャパン井端コーチが説く。東京五輪金メダルのためにやるべきことの画像

井端弘和「イバらの道の野球論」(13)前回の記事はこちら

 昨年11月に行なわれた「プレミア12」。東京五輪前の最後の国際大会で、日本代表は10年ぶりに世界一に輝いたが、楽に勝利できた試合はひとつもなかった。侍ジャパンの内野守備走塁コーチを務める井端弘和氏は、その戦いをどう見ていたのか。金メダル獲得のための改善点などと併せて聞いた。


昨年のプレミア12を制した侍ジャパン

──あらためて、プレミア12を振り返っていかがですか?

「勝敗のルールには悩まされましたね。(12チームが3組に分かれて戦った)オープニングラウンドは、負けても2位以内で次のスーパーラウンドに出場できたんですが、どの国と一緒に勝ち上がるかわからないので、結局は負けが許されない。また、決勝のカードが日本と韓国に決まったあとの、スーパーラウンドでの韓国戦は”練習試合”のようになり、どういった位置づけで試合に臨めばいいかなど、考えることが多かったです」

──難しい大会だったと思うのですが、初戦のベネズエラ戦も7回まで4−2でリードされる苦しい展開でしたね。

「あの試合は、『四球を選んだ』というよりも『四球をプレゼントしてもらった』形で勝利できました。日本の選手もそうでしたが、相手も相当なプレッシャーの中で戦っている印象がありましたね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)