U−23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなし

U−23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなし

U−23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなしの画像

歴史的惨敗である。

 アジアU−23選手権グループリーグ第2戦で、日本はシリアに1−2で敗れた。

 これで、初戦のサウジアラビア戦に続き、2連敗。カタールとの第3戦がまだ残されてはいるものの、日本は最終戦に勝っても、決勝トーナメントへ進出できる上位2カ国には入れない。早くもグループリーグ敗退決定である。

 2014年にスタートしたこの大会は、2年に一度の開催で今回が第4回大会だが、日本のグループリーグ敗退は初めてのこと。年代別男子代表チームのアジアチャンピオンを決めるAFC(アジアサッカー連盟)主催の公式大会は、現在、U−23選手権の他、U−16選手権、U−19選手権が行なわれているが、現行方式(16カ国出場。4カ国ずつ4組のグループリーグを行ない、各組上位2カ国が準々決勝へ進出)で行なわれるようになって以降、日本のグループリーグ敗退は、2004年のU−16選手権で一度あっただけだ。

 もちろん、A代表が出場するアジアカップでも、16カ国出場となって以降(2019年大会からは24か国出場)は、日本がグループリーグで敗退したことはない。アジアのサッカー界においては、衝撃的な大番狂わせが起きたと言っていいだろう。

「我々が望んでいなかった結果になってしまった」

 試合後、そう語る森保一監督の目は、いくらか充血し、潤んでいるようにも見えた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)