94年W杯決勝の豪華メンバー集結。マッサーロ弾でイタリアがリベンジ

94年W杯決勝の豪華メンバー集結。マッサーロ弾でイタリアがリベンジ

94年W杯決勝の豪華メンバー集結。マッサーロ弾でイタリアがリベンジの画像

1994年7月17日アメリカ。パサデナのローズボウル・スタジアムは、9万4200人の観客で埋め尽くされていた。W杯アメリカ大会決勝のブラジル対イタリア戦。ともに優勝回数3回(当時)を数える強豪同士の対決に、スタジアムは熱気に包まれていた。試合は0−0のまま90分が過ぎ、延長戦も経過し、W杯史上初の決勝でのPK戦となった。

 私も記者として、その場に居合わせたひとりだった。お恥ずかしい話だが、私は取材する立場をすっかり忘れて、ブラジルに声援を送っていた。ハラハラするシーンが続き、何度も爪を噛んだ。

 真の記者は、たとえ自国のチームの試合でも、肩入れしてはいけないと思っている。それぞれ応援チームはあっても、記者もテレビクルーも、冷静を保つのが普通だ。しかしあの試合だけは違った。誰もが自分の仕事を忘れ、試合の行方に一喜一憂した。そしてPK戦のイタリアの最後のキッカー、ロベルト・バッジョのシュートがカリフォルニアの青空に向かって飛んだ時、私は飛び上がっていた。あの時の歓喜は今も忘れない。

 あの日のパサデナは暑かった。気温は40度近くあったろう。そして今年の1月9日も、同じくらい暑かった。この日、ブラジル北東部の都市フォルタレーザで、1994年W杯の決勝ブラジル対イタリアの再戦が行なわれた。当時からのサッカーファンならば、思わず手を打って喜びたくなるようなメンバーがそろった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)