「母国に帰れなくなった助っ人」は、なぜプロ野球で成功できたのか?

「母国に帰れなくなった助っ人」は、なぜプロ野球で成功できたのか?

「母国に帰れなくなった助っ人」は、なぜプロ野球で成功できたのか?の画像

「令和に語る、昭和プロ野球の仕事人」 第6回 バルボン・前編 (第1回から読む>>)

 平成の頃から、どこかセピア色に映っていた「昭和」。まして元号が令和になったいま、昭和は遠い過去になろうとしている。だが、その時代のプロ野球には、今もファンの記憶に焼きつく強烈なキャラが多くいた。

 過去の貴重なインタビュー素材を発掘し、個性あふれる「昭和プロ野球人」の真髄に迫るシリーズ。6人目は、往年の阪急ブレーブスで3度の盗塁王に輝くなど活躍し、”愛される助っ人”の元祖となったバルボンさんの言葉を伝えたい。


1960年4月22日、近鉄戦でホームスチールを決めるバルボン(写真=共同通信)


* * *

 ロベルト・バルボンさんに会いに行ったのは2006年6月。当時はオリックス球団のファンサービスグループに所属していたが、僕はそれまで、バルボンさんの球歴を何も知らずにいた。オリックスの前身、阪急でかつてプレーした助っ人、という認識だけだった。

 そのかわり「バルボン」の名は以前から頭に刷り込まれていた。テレビで何度か見た、阪急の外国人選手のヒーローインタビュー。コメントをファンキーな関西弁に訳して伝えるシーンが印象的だったのだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)