渋野日向子が持つ「心」の凄さは?『スラムダンク勝利学』の著者が分析

渋野日向子が持つ「心」の凄さは?『スラムダンク勝利学』の著者が分析

渋野日向子が持つ「心」の凄さは?『スラムダンク勝利学』の著者が分析の画像

スポーツドクター・辻秀一が分析 渋野日向子のメンタリティ(前編)

昨季、女子プロゴルフ界で大ブレイクを遂げた渋野日向子。身体能力の高さや、技術的に優れた面は各メディアで取り上げられているが、はたして精神的な部分ではどうなのか。『スラムダンク勝利学』(集英社インターナショナル)の著者であり、メンタルトレーナーの辻秀一先生に話をうかがって、検証してもらった――。

 結果というのは、人間が「何」を「どんな心」でやるか、というパフォーマンスの結果です。パフォーマンスの構成要素は、「内容」と「心」。「心」は「質」と言ってもいい。これは、アスリートだけの話ではなく、サラリーマンの仕事でも同じです。

 人間はロボットではないので、必ず「心」の状態が存在していて、そのうえで何かをやっている。心が乱れていると「質」が悪くなり、自分のやることがいつもどおりにできない。射撃やアーチェリーがわかりやすいですね。

 心・技・体という言葉がありますが、技のためには練習をするし、体も鍛えるけれども、日本人の場合、心だけはなぜか、気合い、根性、がんばる、我慢するといった発想になってしまう。でも、心というのは、ひとつの脳のスキルなので、いい状態を保つために、自分で意識的にマネジメントすべきものです。

 では、どういう「心」が大事なのかというと、心理学では「フロー」と言って、「ゾーン」よりもっと手前にある領域です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)