松岡修造は大坂なおみの全豪OP優勝を確信。新コーチについても語った

松岡修造は大坂なおみの全豪OP優勝を確信。新コーチについても語った

松岡修造は大坂なおみの全豪OP優勝を確信。新コーチについても語ったの画像

松岡修造が語る「全豪オープン2020」前編

 大坂なおみ(WTAランキング3位、1月13日づけ)が、全豪オープンテニス(1月20日〜2月2日、メルボルン)の舞台に帰って来る。しかも、全豪では日本人初となるディフェンディングチャンピオンとして戻って来るのだから、なおさら期待は高まる。


全豪オープンに出場する大坂なおみについて語った松岡修造

 振り返れば、大坂は2018年全米オープンで日本人として初優勝し、2019年の全豪でも優勝して、世界1位になる偉業を成し遂げた。それまでグランドスラムでの日本人選手の最高成績は、男子では、錦織圭の準優勝(2014年全米)、女子では、伊達公子のベスト4(1994年全豪、1995年全仏、1996年全英)で、グランドスラムの頂点には手が届いていなかった。だからこそ松岡修造は、改めて大坂の偉業を評価する。

「(2018年)全米、(2019年)全豪を連覇した大坂さんは、日本人として初めての扉を開けた。壁を突破してみせた驚きがありました。大坂さんは、とんでもない壁を突破するために、一瞬にしかないチャンスをもぎ取る感覚があり、だからこそグランドスラムで優勝できた。こういう取り方ができるんだと斬新に感じました」

 そして松岡氏は、うれしさと同時に、自分の考えも大坂の偉業についていかないといけない必要性を感じた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)