西川潤、バルサ移籍へ秒読み。2人目の日本人を獲得する狙いとは

西川潤、バルサ移籍へ秒読み。2人目の日本人を獲得する狙いとは

西川潤、バルサ移籍へ秒読み。2人目の日本人を獲得する狙いとはの画像

昨年10月、バルセロナ。ヨハン・クライフスタジアムで、バルサのセカンドチームであるバルサBを取材していた時だった。現地のスペイン人記者は、わけ知り顔でこう洩らした。

「(安部)裕葵は悪くないね。頭がいいし、ゴールに向かう強度がある。同じ日本の西川潤も、18歳になったらバルサBに来るらしいよ」

 欧州では、18歳未満のEU外選手の移籍が禁止されている。法の厳格化にともない、18歳になるのと同時に契約するやり方が一般的になった。久保建英のレアル・マドリード移籍もこの形だ。

 そしてスペイン人記者の予測どおり、西川のバルサ移籍が秒読み段階に入っているという。今年2月、西川は18歳の誕生日を迎える。そこがXデーになるだろう。


昨年のU‐17ワールドカップでもそのプレーが注目された西川潤

 セレッソ大阪の強化指定選手である西川(桐光学園)は、昨年行なわれたU−17ワールドカップでも、アタッカーとして抜群の存在感を示している。グループリーグでは、オランダ、セネガルを撃破する得点を記録。ゴールだけでなく、そのパスからも得点を生み出していた。

 西川は左利きのアタッカーで、キープ力やプレービジョンに優れる。左足キックは強烈で、かつてバルサに在籍したリバウドに似ているところがある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)