大坂なおみ、全米で学んだ自分への対処。全豪はリラックスムードで自信

大坂なおみ、全米で学んだ自分への対処。全豪はリラックスムードで自信

大坂なおみ、全米で学んだ自分への対処。全豪はリラックスムードで自信の画像

大坂なおみ(WTAランキング3位、1月13日づけ)が、オーストラリアンオープン(全豪)で日本人選手としては、初めてディフェンディングチャンピオンとしてコートに立つ。

 グランドスラムのディフェンディングチャンピオンとしてプレーするのは、2019年USオープンに続いて2回目となる。大坂の水色のラケットバッグには、自由の女神とカンガルーのシルエットの白い刺繍が縫いつけてあり、ニューヨークとメルボルンでのグランドスラム優勝が表現されている。


コーチとの練習中に笑顔を見せる大坂なおみ。1回戦に向けて仕上がりは上々

 USオープンでは3回戦で敗れて、タイトルを守ることができなかった大坂だったが、今回の全豪では、穏やかな表情を浮かべ、落ち着いて大会を迎えられていると語った。

「USオープンと比べたら、明らかによりリラックスしていると思います。あそこ(ニューヨーク)では、自分が神経質になることや自分に期待することへの対処など、多くのことを学びました。経験すべきすべてを、(ニューヨークで)経験できて本当によかった。この大会(全豪)に臨むにあたって、よりいい準備ができるでしょう」

 昨シーズン末には、右肩の痛みからWTAファイナルズを途中棄権して2019年シーズンを終えた大坂は、11月は完全休養に当て、12月に練習を再開させた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)