「バレンティンの穴」を埋めるか。塩見泰隆は「二軍の帝王」脱却を狙う



「1打席目に中途半端なスイングで三振してしまったんです。そこからメンタル的に崩れて、それを修正する方法がわからず、ずっと悪い連鎖が続いてしまいました。あの試合でウインターリーグとオープン戦での自信がすべてなくなり、琢朗さんにも『あそこがターニングポイントだったな』と言われました」

 塩見は続ける。

「子どもの頃はメンタルが弱いとは、とくに感じてなかったです。野球を始めたのは小学生の時で、中学、高校と好きで楽しんでいましたが、社会人になって野球でお金をもらっている責任感というか……。不思議なことですが、二軍では『これを試してみよう』など、積極的になれるのでうまくいっているのかなと。でも一軍では『打たなければいけない』という意識がどうしても強くなってしまうんです」

 この松山キャンプで、天真爛漫な塩見はチームに活気をもたらしていたが、「自分では大雑把な人間だと思っていたのですが、神経質だったことに気がつきました」と言った。

「完璧主義なところもあって、試合でも打撃練習でもきれいに打ちたいタイプなんです。松山キャンプでも芯に当たる割合が少なくなると『あれ、おかしいぞ』と、気持ちが沈んだままバットを振ってしまって。そういう時にコーチの方が『自分のスイングをしよう。

関連記事(外部サイト)