「バレンティンの穴」を埋めるか。塩見泰隆は「二軍の帝王」脱却を狙う

三振しても凡打になっても顔を上げて、前を向いてやっていこい』と言ってくださるのですが……。僕が変わらないとダメですし、このキャンプでは考え方や気持ちの持ち方を課題に取り組んでいます」
 塩見は「修正する方法がわからなかった」と語っていたが、何もせずに過ごしてきたわけではない。

「僕なりにメンタルコントロールは考えてやってきました。二軍での打撃練習や試合で一軍の雰囲気を持ち込んでみたり、自分にプレッシャーをかけてみたりしました。そういう過程があって、今は何も考えないというか、最低限の仕事ができればいいやくらいの気持ちです。そのあたりは、オフに専門家の方の話も聞こうと思っています。この2年、やってきたことは間違いないと思うので、落ち着いてプレーができるように、あとは心ですね。僕は慌てん坊なんで(笑)」

 振り返れば、プロ初ヒットのあと走塁ミスを侵し、打順を忘れたこともあった。

「そうですね(笑)。二塁打で出塁したのですが、次の打者が内野ゴロを打って、普通であればサードへ走らなきゃいけなかったんですけど、初ヒットに舞い上がってしまって進塁できなかったんです。一軍の試合にそれなりに出るようになってからも舞い上がっています。試合前は『打てるかな……』とか考えて緊張しますし。

関連記事(外部サイト)