内柴正人はアテネ五輪柔道66kg級金メダル獲得になぜ感動できなかったのか

内柴正人はアテネ五輪柔道66kg級金メダル獲得になぜ感動できなかったのか

内柴正人はアテネ五輪柔道66kg級金メダル獲得になぜ感動できなかったのかの画像

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第18回

いよいよ今年7月に開幕する東京オリンピック月。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

 2004年アテネ五輪の男子柔道で、60kg級から66kg級に階級を上げたばかりの内柴正人が獲得した金メダルは、人々を驚かせた。なぜなら、五輪では65kg級だった84年ロサンゼルス大会で優勝した松岡義之以降、世界選手権でも93年の中村行成以降、日本人選手はこの階級で金メダルに届いていなかったからだ。


アテネ五輪男子柔道66kg級で金メダルを獲得した、内柴正人

 国士舘大学2年生だった99年当時から内柴は60kg級王者の野村忠宏を追う存在と注目され、野村が休養していた02年には全日本選抜柔道体重別選手権を初制覇。アジア大会では3位を獲得した。11月の講道館杯全日本柔道体重別選手権では優勝こそ逃したが、これが復帰戦だった野村を準決勝で破り、頂点を狙う状況は整ったかに見えた。

 だが、世界選手権大阪大会の最終選考会となった03年全日本選抜選手権では、減量に失敗して体重オーバーで失格。戦わずして敗れ、世界選手権代表は野村の手に渡った。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)