エリート選手への反乱? 前代未聞の「高校野球補欠会議」ってナンだ?

エリート選手への反乱? 前代未聞の「高校野球補欠会議」ってナンだ?

エリート選手への反乱? 前代未聞の「高校野球補欠会議」ってナンだ?の画像

【「ただのいい人」ではない広陵の補欠】

 団体スポーツにおいて、補欠はいなければならない存在だ。たとえば野球の場合、9人のレギュラー選手だけでは紅白戦も実戦練習もすることができない。バッティング練習の準備や、グラウンド整備をするときでも、人数は多ければ多いほうがいい。

 甲子園を目指す強豪校の部員数は、100人を超えるところが少なくない。しかし、公式戦でユニフォームを着ることができるのは20人。甲子園では18人しかベンチ入りできない。同級生や先輩・後輩を、スタンドから応援する「補欠」が注目されるのは、甲子園のアルプススタンドくらいだ。それも、レギュラーの人となりを紹介するエピソードとして。

 2017年夏の甲子園で数々の打撃記録を塗り替え、広陵(広島)を準優勝に導いた中村奨成(現広島東洋カープ)は、ベンチに入れずに甲子園のアルプススタンドで応援する仲間にこんなメッセージを送った。 

「俺のために太鼓を叩け、その分、俺が打ってやる!」

 その言葉をきっかけに、筆者は広陵の取材を始めた。スター選手がこんな発言をする背景を知りたかったからだ。中村は筆者にこう言った。

「同じ学年でも、早い時期から選手をやめて裏方に回る人がいます。自分で決断をして泣く姿も見ましたし、その報告を受けたときには胸が締めつけられました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)