久保建英と香川真司。日本の新旧エースの対戦で見えた「現在地」

久保建英と香川真司。日本の新旧エースの対戦で見えた「現在地」

久保建英と香川真司。日本の新旧エースの対戦で見えた「現在地」の画像

<日本人対決>

 そんな表現はすでに古めかしい。今の欧州サッカー界ではとくに珍しいことでもないだろう。

 そうは言っても、日本代表の新旧エース同士の対戦は、やはり関心を引く。ベスト16進出をかけたスペイン国王杯3回戦。香川真司(30歳)のサラゴサと、久保建英(18歳)のマジョルカの戦いは、シーズンを折り返したふたりの現在地を知るための基準になるかもしれない。


スペインで初めて対戦した香川真司(サラゴサ)と久保建英(マジョルカ)

 結果から言えば、2部のサラゴサが1部のマジョルカを3−1で撃破している。内容でも明らかに優勢だった。

「ベスト16へ、サラゴサのフェスティバル」

 スペイン大手スポーツ紙『as』は、そう見出しで報じている。

 サラゴサのビクトル・フェルナンデス監督は、かつてパブロ・アイマールを中心にした攻撃サッカーを作り出した。スカウティングによって優れたボールプレーヤーを集め、バックラインから論理的に組み立て、プレスを回避しながら相手のラインをきれいに越える。能動的な戦いの仕組みを、チームに植え付ける手腕の持ち主だ。

 マジョルカ戦も、サラゴサはボールを握る力、運ぶ力で勝っていた。先制点は顕著だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)