【木村和久連載】アマチュアゴルファーの年間スケジュールを考察する

まずは、今年の東京五輪のゴルフ競技がどうなるのか、その結果を注視したいです。

(5)秋のゴルフ
 ここは、何も申すことはありません。アマチュアゴルファーの集大成。コンペも多いし、自分の中での、今期ベストスコアが出るシーズンです。

 最近は”シブコブーム”で、アマチュアのラウンドも増えています。昨年は、珍しくコンペのオーバーブッキングで、首が回らなくなりました。なにしろ、12日間で6ラウンドというスケジュールもこなしましたから。

 その間、平均スコアもぎりぎり80台をキープ。やはり、実りの秋ですな。

 というわけで、現在は冬なので、ゴルフは月1回か2回程度。最低限の業務をこなしている感じです。

 個人的な感覚で言えば、1カ月ぐらいなら、ゴルフをしなくても、腕前は落ちないし、さほど叩かないかな、と。ただそれが、2カ月、3カ月とブランクが長くなると、大叩きをしたりするんじゃないでしょうか。
 みなさんもいろいろとご都合があると思いますので、もし1カ月以上、ラウンドが空いたら、練習場に行って、感覚を取り戻すことをオススメします。

 どのスポーツもそうですが、感覚を取り戻すことは大変です。スキーやスノボーにしても、シーズン開始の初日は、からっきしダメ。

関連記事(外部サイト)