大坂なおみがコーチから受け取ったお守り。「私たちのビジョンは同じ」

大坂なおみがコーチから受け取ったお守り。「私たちのビジョンは同じ」

大坂なおみがコーチから受け取ったお守り。「私たちのビジョンは同じ」の画像

2回戦の勝利が決まった瞬間、フィセッテコーチらがいる選手ボックスへ向けて笑顔になった大坂なおみ

 大坂なおみ(WTAランキング4位、1月20日づけ)が、オーストラリアンオープン(全豪)2回戦で、ジェン・サイサイ(42位、中国)を6−2、6−4で破り、3年連続で3回戦進出を決めた。1時間20分のストレート勝利ではあったが、見ごたえのある試合となった。

 パワーとスピードに勝る大坂に対し、ジェンは、ラリーになるとフォアとバック両方からスライスを交ぜて、リズムを崩そうとした。

「第2セットはかなり接戦でした。大坂選手は、クリーンに打って、重いボールを打ってくるので、スライスや(弾道の高い)ハイボールを交ぜて、心地よくプレーさせないようにしました」(ジェン)

 大坂は第1セットを先取したものの、第2セット第3ゲームでサービスブレークを許すと、ラケットをコートに叩きつけて蹴り、フラストレーションを抑えきれずに悪態をついてしまうほどだった。

 ジェンに第2セット2−4とされ、第7ゲームで自分のサービスゲームを迎えた時、大坂は自分にこう言い聞かせていたという。

「ラリーの時に、メルボルンのロゴ(ベースラインから約3m付近にテニスコートにペイントされている文字)付近にいたので、(コートの中へ)ステップインし続けようと自分に言い聞かせたんです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)