「国見の大先輩に頭が…」という大久保嘉人がヴェルディ入りした真意

「国見の大先輩に頭が…」という大久保嘉人がヴェルディ入りした真意

「国見の大先輩に頭が…」という大久保嘉人がヴェルディ入りした真意の画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(12)
(11)はこちら>>
 進化が楽しみな2シーズン目を迎えた永井ヴェルディに、頼もしい選手が加入した。永井秀樹にとっては、国見高校の後輩でもある元日本代表FW、大久保嘉人だ。

「ヴェルディ黄金期、ラモスさんは『ヴェルディらしいサッカーをして勝つ』という、こだわりが尋常じゃなかった。嘉人も、当時のラモスさんに近いよね。若い選手には、ぜひ、嘉人の貪欲さや勝負に対するこだわりを感じてほしい」


合流初日から軽快な動きを見せていた大久保嘉人に、永井秀樹監督も笑みがこぼれる

 Jリーグ史上最強のストライカーとも評される大久保は、日本代表として60試合に出場し、海外クラブでもプレーしてきた。東京ヴェルディの若手選手にとっては間違いなく最高のお手本となるはずだ。

 今シーズン、ヴェルディユースからは新たに5選手(馬場晴也、松橋優安、石浦大雅、藤田譲瑠チマ、阿野真拓)がトップチームに昇格した。藤本寛也、森田晃樹、山本理仁と合わせて、ユース時代の教え子はこれで8人になった。

 いずれの選手も世代別日本代表で活躍するなど、将来性は誰もが認める。しかし、永井は彼らに「プロとしての厳しさ」をまだ感じられずにいた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)