シマオ・マテが語る日本人の可能性。「自分の能力を信じたほうがいい」

シマオ・マテが語る日本人の可能性。「自分の能力を信じたほうがいい」

シマオ・マテが語る日本人の可能性。「自分の能力を信じたほうがいい」の画像

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

ベガルタ仙台 シマオ・マテ(3)

Jリーグは現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

 パトリック・エムボマ(カメルーン/元ガンバ大阪、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸)、セイドゥ・ドゥンビア(コートジボワール/元柏レイソル、徳島ヴォルティス)、ピーター・ウタカ(ナイジェリア/現京都サンガ)──。


「Jリーグにもっとアフリカ人が増えてほしい」と語る、シマオ・マテ

 ベガルタ仙台の元モザンビーク代表シマオ・マテは、これらアフリカ出身の先達を心から尊敬している。彼らが切り開いてくれた道によって、自身がJリーグでプレーできるようになったと感じているのだ。

「彼らはアフリカ人選手にJリーグへつながる道筋をつくってくれた。先人たちの活躍があったからこそ、アフリカ人の能力が認められたんだと思う」

 古くからJリーグを観てきた人は、エムボマらが披露した数々の超人的なパフォーマンスを覚えているはずだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)