AJCCは大胆な乗り替わりで勝負気配漂う「善戦マン」の大駆けにご用心

AJCCは大胆な乗り替わりで勝負気配漂う「善戦マン」の大駆けにご用心

AJCCは大胆な乗り替わりで勝負気配漂う「善戦マン」の大駆けにご用心の画像

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 昨年末から数えると、連続9週の開催となる中山競馬。迎えた最終週に行なわれるのは、伝統のGIIアメリカジョッキークラブC(以下、AJCC。1月26日/中山・芝2200m)です。

 先週は、雨や雪が降るなかでの競馬となり、中山競馬場の馬場も一気に内側が荒れてきました。そうしたなか、GIII京成杯ではクリスタルブラックが大外からの追い込みを決めました。そして今週も、予報では天気が崩れる見込みで、道悪が得意な馬、外からの競馬を試みる馬にとって、ますます有利な状況になるかもしれません。

 今年のAJCCは、出走予定12頭中、9頭が重賞勝ち馬という好メンバーが顔をそろえました。なかでも注目は、ブラストワンピース(牡5歳)でしょう。一昨年のGI有馬記念(中山・芝2500m)を制したグランプリホースが、GI凱旋門賞(11着。2019年10月6日/フランス・芝2400m)からの帰国初戦に、このレースを選んだことには驚きました。

 その実績から、GIIのここでは話題の中心になることは確実。各メディアやファンの間では、推す声、疑う声が入り乱れるかと思いますが、個人的には格の違いで期待に応えてくれる、と思っています。

 鞍上は、昨夏から手綱をとる川田将雅騎手が引き続き務めます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)