西岡良仁はジョコビッチ戦で学んだ。東京五輪へ「ベースアップ」意識


ジョコビッチに敗れたものの、オーストラリアンオープン3回戦まで進んだ西岡良仁

 西岡良仁(ATPランキング71位、1月20日づけ)が、オーストラリアンオープン(全豪)3回戦で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(2位、セルビア)と対戦し、3−6、2−6、2−6で敗退。自身初となるグランドスラム4回戦進出はならなかった。

 西岡は、昨年11月の男子国別対抗戦・デビスカップファイナルズ「日本対セルビア」でジョコビッチと初対戦した時は、1−6、2−6でまったくよさを出せずに敗れていた。その悔しさを晴らすべく、今回こそはという思いがあったが、ジョコビッチの壁はやはり高かった。

 ジョコビッチは第1セット第2ゲーム、第2セット第1ゲーム、第3セット第1ゲーム、各セットの序盤に西岡のサービスゲームをブレーク。常に先行して優位に試合を進めた。

「ブレークのアドバンテージを持って各セットをスタートできれば、リラックスできる。

1 2 次へ